ヒッキー(Hikki)でリカ

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。

簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。

基礎体温表は5分もあればつけられますが、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期のお母さんさんは普段の食生活以外に、よりたくさんの栄養を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。なぜかと言うと、必要な量の栄養を摂取することで、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。最近は栄養のサプリメントも多くの種類が出ていますね。そうしたサプリを利用する方は、ベビちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の栄養が入ったサプリを選択することが心掛けたいですね。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、栄養の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?栄養はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に適切に栄養が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。
もちろん、栄養を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、ベビ待ち中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる栄養にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の栄養をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。栄養の摂取期間についてお話しします。

皆さんご存知のように、栄養の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において推奨されています。ところで、妊娠後期に入ったお母さんに、栄養が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、栄養が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での栄養摂取を意識しようという事なのです。

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として栄養が注目されている事をご存知ですか?栄養とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、ベビちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日に0.4mgの栄養を摂ることが好ましいと定めています。
胎児の健康を考えて、今、妊娠されている方だけでなく、ベビ待ち中の方も是非、栄養を意識して摂取してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です