伴で大垣

妊娠初期に多く代謝される栄養は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすくなるというわけです。
造血作用で血液が増えることで、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、栄養の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?栄養はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に適切に栄養が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、ベビ待ち中から妊娠3か月の期間、普段の食事にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした栄養摂取を行うと良いでしょう。

栄養が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が正式にベビ待ち中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?栄養は水溶性のため、余分な栄養は尿とか汗で流出します。

そのため、余分な栄養が蓄積していく、という事はあまり無いようです。

しかし、栄養の過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。栄養サプリは簡単に栄養の摂取が出来るお母さんの心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、指示された分量と用法を守ってください。

皆さんは、ベビ待ちと言えばどのような活動をイメージするでしょうか?ベビ待ちというと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性にも出来るベビ待ちがあるんです。

それが、栄養を積極的に摂るという習慣です。
不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、男性にあるというケースもあるわけです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も栄養を十分に摂って、ベビ待ちをすすめてみましょう。

皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。

栄養は、この時に重要な働きをします。

必要不可欠な栄養ですが、栄養単体での吸収率はあまり高くありません。ですので、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からず、不安だというお母さんさんのお話もよく耳にします。そのような場合は、粉ミルクの成分を参考に、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です